夢と現実のM&A

夢と現実のM&A

先日ウォルトディズニージャパンの責任者のお話で興味深い物を読みました。社内の合言葉として、「お客様にとって夢の世界(ディズニーランドの世界)が現実になるように、そして現実(日々の生活)が夢のようになるように」があるそうです。

 

仕事の信念としてとても素敵なことだなぁと感心しました。渡邊オフィスに置き換えてみると、ご両親様やお子様が最初はイギリス留学に関して何らかのときめく気持ちを持って弊社の戸を叩いて下さったのかと思います。そのお気持ちを叶えて差し上げられるよう頑張りたいと思いました。

 

そうは言ってもやはり実際お子様が渡英され、色々なことがある中で、いつもいつも順調満帆である訳はありません。お子様にとってCommon Entrance, GCSEやA-levelの試験勉強の時期など、大変な時もありますよね。

 

上手く行っている時にはそうでもないかもしれませんが、精神的に大変な時は中々初心の憧れ等の気持ちは思い出しにくいかもしれません。でも人はつらい時に、どれだけ頑張れるかで成長すると思いますし、努力はプラスにしかなりません。また、お子さんもお子さんだけでなく、ご両親ができることを頑張っていると離れていても伝わるもので、それが精神的な支えになるとも思います。目をつぶって心を無にして数歩歩くだけでも瞑想効果があるそうなので、そうやって心穏やかにしてから初心を思い出してみてください!

 

縄田