正月

正月

新年明けましておめでとうございます。 晴天、暖冬と文字通り「暖かさ」を感じる年明けになりました。

日本は正月中心の休日ですが、英国はクリスマス中心。23日ごろから長い休みに入った英国の企業も新年は早々と仕事始めです。1月2日が新学期という学校もあり、慌ただしく帰英した子もいましたが、みなさんよい休暇を過ごされましたか?

通常日本に暮らしていると、それほど貴重に思わない日本の習慣や人との関わりですが、外国での暮らしを経験すると、改めてその価値を認識したり、楽しんだりできることに気が付きます。正月がその一番筆頭にあたる季節でしょう。日本のお正月がどういうものか、英国のお友達に説明できますか?日本はクリスマス、ハロウィーンなど欧米の文化を取り入れるのは上手ですが、逆はどうでしょう?2020年のオリンピックの旗振りを筆頭に日本政府も外国からの観光客獲得にあれやこれやの知恵を絞っており、実際にかなりの勢いで数が増えています。そのため、ホテルなど新しい施設も出来、最近来日する外国の方々から逆にこちらが知らない情報を得たりすることもあり、日本人の面目が立ちません!日本料理が世界遺産になろうとしている昨今ですから、インフラ整備の充実は政府に任せ、「日本の文化を世界に広めよう!」などと大げさに考えずとも、是非とも私たち一人一人が自然な形で日本の日常の喜怒哀楽を外国に伝えることができるといいですね。

冬は天候不順が多く、航空便の遅延やキャンセルが相次ぎます。テロ騒ぎもまだまだ安心できるレベルには到達していませんが、何をおいても人間の叡知で解決できる範囲のトラブルであって欲しいと願っています。

渡邊