30年は短い!

30年は短い!

「お陰様で30周年を迎えました」と人様に言うたびに、それに一番驚いているのは、実は私自身だったりします!簡単に言えば、自分が留学したことによって得たものの大きいこと、それからの人生の様々な彩りの元になった留学を他の人にも教えてあげたいと、日々留学生と歩んできた道が気がつけば30年・・・ 本人は短かったと思ってますが、年と白髪の数がそれを語ってしまうのは否めませんけれどねぇ。

30年の間に大きく変わった一つは通信方法。手紙だけで仕事をしていた時代があるなんて信じられません。世の中その分忙しくなり、それに巻き込まれている人間が幸せかどうかは疑問なところもありますが、Internetの普及で、Keep in touchが容易に出来るのは、素晴らしい!私は若気のいたりから、留学中に知り合った多くの人との交信が途絶えて(後悔して)いるので、今の留学生がとても羨ましい。

このところ数人の元ガーディアンの方からメールが届いています。渡邊オフィスを「卒業」すると、自動的にガーディアンとの「契約」も終わるのですが、かなり多くの皆さんがお付き合いを継続している様子で、嬉しいことですね。

その一つを紹介すると、「大学の卒業式にも出席し、日本に戻ってからも家族同然のように付き合いが続いていた元留学生(女子)から、ここ数年連絡が来なくて心配している。メルアドを変更したのでは・・」とのメールがあるガーディアンから飛び込みました。「最後に交わしたメールでは、『親に反対されていた彼と結婚したいのだけど・・』と悩んでいたのでとても気にかかっている」とのこと。こちらで調査?をした結果、その子はその彼と結婚。英国時代に学んだ専門の分野で活躍中。しかも第二子が生まれたばかり!これからまたお付き合いが継続することでしょう。そのうちにお子さんを連れて英国に行くこともあるでしょうし、そして気がつくときっと30年経っている・・・ってことになるのかしら?

渡邊和子