ガーディアン

イギリスのボーディング・スクールは、親がイギリス国内に居住しない場合、国内在住のガーディアン(後見人)を立てることを入学の条件としていま す。学校が決まっていても、ガーディアンがいなければ留学ができません

ガーディアンは留学生を自分の子どもと同様に家庭に迎え入れ、寮が閉じる期間に宿泊させ、その都度(年9回~15回)子どもの送り迎えをし、重要な学校行事や緊急時の子どもの引き取りなど、想像以上に多くの事でお世話になります。安心してお任せできるガーディアンの選定をはじめ、その後の定期的な交信やかかる費用の精算等は、言葉の壁がないとしても、個人レベルではやり難さや困難を伴うものです。

  • イギリス在住でガーディアンになってくれる人を知らない
  • 知人の日本人家庭ではなく、信頼できるイギリス人家庭を紹介してほしい

このような方に渡邊オフィスは永年にわたり、親元を離れてイギリスに渡る子どもたちとその親御さんが、安心して留学をできるよう、イギリスのコンサルタント会社、ガーディアンファミリー・ネットワーク(The Guardian Family Network: G-Net)と提携し、ガーディアンを提供いたします。ガーディアンの提供は、留学生活全般の全てにおいてフルサポートをする「ガーディアンシップ」にて行っており、ガーディアンのみの提供はしておりません。

long-term-guardianship-img3
long-term-guardianship-img4
long-term-guardianship-img1