留学中のサポート

留学期間中も渡邊オフィスが全面的にサポートします。

ガーディアン手配

イギリスのボーディングスクールは、親がイギリス国内に居住しない場合、国内在住のガーディアン(後見人)を立てることを入学の条件としています。学校が決まっていても、ガーディアンがいなければ留学ができません。イギリスに知り合いがなくても安心して留学を遂行していただくことができます。詳しくは「ガーディアン」をご参照ください。

学期中のお休みをサポート

ボーディングスクールでは週末も含め、ずっと学校で生活をしますが、学期の中間にお休みがあり、その時は寮を離れる必要があります。(休暇表をご参照ください)

休暇制度

お休み中に留学生が安心して‘帰宅’できるガーディアンを手配します。移動手段のご手配すべてをお任せください。

ビザの更新

最初に取得したビザが長い留学期間中に期限を迎えることもあります。渡邊オフィスでは新しいビザの申請を全面的にサポートします。

緊急時の対応

学校でのトラブル、万一の病気、事故の場合も親身にサポートします。

成績モニター

ボーディング・スクールでは毎学期末に出る成績表のほかにも、学期の途中成績が定期的に出ることがほとんどです。イギリスの成績表の特徴は、成績そのものと合わせて「努力点」がすべての科目につけられることです。子どものやる気を引き出す、たいへんよい仕組みです。また、学業と生活を総合的にモニターしている寮長や担任の所見も必ず添えられていて、遠くにいる親御さんにとってはお子さんの客観的な評価を知る心強い手立てです。渡邊オフィスではお子さんの成績表に毎回目を通し、適切な成績、学習意欲や生活態度かどうかをモニターしています。気になる点は親御さんや本人たちとの相談し、一緒に問題解決を考えます。

成績表の翻訳は料金別途にて留学経験のある翻訳家が承ります

支払い管理

全ての留学費用をその都度日本から手続きして送るのはあまりに煩雑で費用のロスも大きい作業です。現地のパートナーであるG-Netが親御さんから費用をお預かりし、学費、ガーディアン宅へのお支払い、その他の諸経費の支払い代行、すべての費用の精算管理を行います。親御さんは基本的に年2回の送金のみで済みます。お預かりしている費用は学期毎に出入金の明細書(和文)をお届けいたします。

ホームシックへの対応

ホームシックにはどのお子さんも必ずかかるはずです。しかし、ホームシックは家族と一緒に過ごしたいという気持ちの表れですからとても自然なことです。ホームシックになってもそれは一時的なことがほとんどで、仲間との楽しさや学校生活の忙しさで忘れて、いつのまにか解消されてしまいます。ホームシックにかかっているお子さんへの対処方法も親御さんにアドバイスしています。ホームシックだけでは大きな問題にはなりませんが、「家に帰りたい」理由が他のどこかに潜んでいる場合は注意が必要です。

お休みのフォロー、家庭教師

ボーディング・スクールの休暇は年間で合計4~5か月程度もあります。長期休暇は年に3回、その都度帰国をして家族と過ごしますので、帰国のための飛行機や空港送迎の手配も毎回行っています。お子さんのニーズがあれば、英語補習や検定試験対策のためイギリスに残って講習を受ける、家庭教師につく、といったことも可能です。その場合、学習している範囲やレベル、成績を考慮し、渡邊オフィスとTIECがコーディネイトをします。また、日本国内ではイギリスで勉強をしている留学生が通えるような補習塾はないため、可能な限り渡邊オフィス卒業生や、イギリス人の講師のいる英語学校の紹介、スカイプによる家庭教師の手配をしています。

現地での進学サポート

プレップ・スクールからシニア・スクールの受験や、シニア・スクールからイギリスの大学受験を支援します。渡邊オフィスの豊富な経験と、TIECのスペシャリストの最新の情報、分析力、指導力をもって力強くサポートします。

お子さんの学校でも進路指導はありますが、留学生という立場、特性、等を理解した上での指導は別途必要です。

会員限定イベント・勉強会

保護者、留学生同士の交流を目的とした楽しい親睦会や、節目を迎えた留学生を対象にして進学・進路の講義や意見交換をするグループ・カウンセリングを行っています。また、イギリスボーディング・スクール留学に関する情報のみを取り上げる、会員向けのニュースレターも定期的に発行しています。

上記「ガーディアン手配」から「会員限定イベント・勉強会」まで全面的にサポートするシステムを、「ガーディアンシップ」と呼び、渡邊オフィスではどなたにでもご利用いただけるサービスとしてご提供しています。