‘Ta’

‘Ta’

ロンドンに住んでいた頃、ニュースエージェント(いわゆるコンビニ)や、地元のカフェのおばさんに、支払の際、“Ta” と言われたことが何度かありました。この「Ta」は、「Thank you」の略語で、つまりは「毎度ありがとうございます」をとてもフレンドリーに言われたようなものでしょうか。

最初はあまりに短い一言(発音は『たぁ』に近い)なので、何を言われたかよくわからないままお店を出てしまっていましたが、そのうち、他の留学生の子から、「Little Britain(当時流行っていたイギリスのコメディー)でも、Marjorieが紅茶を受け取る時に使ってた!ありがとう、って意味だよ」と教えてもらい、仲間内でよく使うようになりました。慣れると、とても使いやすい言葉です(そして日本人でも発音が全く難しくない)。もちろん、略して言ういるお礼ですから、先生や目上の方には使えませんでしたが・・・。この略語は、オーストラリアなどでは当たり前に使われているらしいのですが、今までボーディングスクールで「由緒正しきQueen English」を身につけていた自分には、中々新鮮な「俗語」でした。

仲間内だけではなく、実際にカフェなどでお茶を受け取る際に「Ta」と自然に使えるようになった時は、ちょっとイギリス生活に慣れてきたなあ、等と自惚れた(笑)ものです。他にもイギリス人と暮らせば暮らすほど知っていく略語や俗語。もちろん、渡邊オフィスの留学生として、目指すは「イギリスの美しきQueen English」ですが、たまにはこんな言葉を使えるようになるのも、留学の楽しみとしていいのかもしれません。

鈴木元子