TYPHOOOOON

TYPHOOOOON

先週末の台風は猛烈でしたね。各地で大きな被害が出ていることをニュースで見聞きし、心を痛めております。被害に遭われた方の生活が一刻も早く平穏に戻られますことを心からお祈り申し上げます。

 

実際のところ、ボーディングスクールの中でも早い学校では先週末から秋学期の中間休みが始まったため、休みにあわせて帰国を予定していた数名の留学生に影響が出ました。渡邊オフィスも先週末だけはフル稼働で対応を迫られました。

 

何より、イギリスで休みを過ごす多くの留学生たちも「日本の台風は大丈夫か」と心配をされたと聞いていますし、渡邊オフィスあてに届くイギリスからのメールにも話題の一つとして触れられていました。猛烈な台風とは言え・・・これまでも大きな被害を受ける自然災害はあったはず・・・こんなにも注目された理由のひとつ、もちろんそれは、「ラグビーワールドカップ」です。

 

元々注目度の高かったニュージーランドVSイタリア、イングランドVSフランスが台風のため「中止」となりました。試合が中止になるのは9回目の開催となる今回が初めてのこと。この中止の判断に賛成の声と同じくらい批判の声が上がったことも確かです。

 

「四季」という豊かな自然の恵みを受けることと引き換えかのように、自然災害が絶えない日本。この時期の開催であれば、台風の影響があることも予測し対策を考えたうえで開催できたはず、との各国からの批判ももっともです。どうして大会を運営するルールの中に、「延期」という項目がないのか、これに関しては大きな疑問と言わざるを得ません。スコットランドとの死闘を経て、決勝トーナメント進出を決めた日本。10/19(土)のお相手は2015年の記憶も新しい「南アフリカ」です。ここまで来たら、ぜひいけるところまでいってほしい!天災の影響がなく、正々堂々と戦いが行われることを心から祈るばかりです。

 

頑張れ日本!!

 

後藤