クリスマス期間の葛藤

クリスマス期間の葛藤

ちょうど今頃のイギリス全土では、25日の誕生祭に向けた様々な準備でてんやわんやの大騒ぎです。

クリスマスを重んじる家庭では、何が何でも、勢いとして親戚の親戚の親戚にまで用意しているのではないかというプレゼントの大山(と膨大な量のラッピングペーパー)、クリスマスカード×○百枚(と切手×○百枚)、ツリーと家中に飾るデコレーション、有り余る程のディナーやランチの食材とお酒、その他泊りに来る親戚を迎えるための準備、などで12月中盤から仕事に手が付かないようです。

クリスマスプレゼントを日本のお歳暮として、クリスマス行事自体を日本のお正月に置き換えると、何ら大きな変わりはない感じも受けますね。でも、このプレゼント選びのプロセスが意外にも本当に大変で。「甥の○○君には今までのクリスマスに何を贈ってきたっけ?この間贈った誕生日プレゼントとかぶらないようにしなきゃ。最近は何に興味があるのかしら?」パーソナルでなければ、喜んでもらえなければ、受け取った人(特に子供たち)のクリスマスを台無しにしてしまう危険性もあります!

また、四方八方からクリスマスパーティーに招待され、どこもかしこも買い物客で溢れ、基本的に人混みや行列を不合理に思うイギリス人は、仕事を早退したり、最近では仕事をしながらネットで済ます人が急増しているようです。

言うこともなく、イギリス人にとって1年で最も出費が多いこの数週間。国の経済状況がどうであれ、クリスマスは別物として、無理をしてでも盛大にしたいのがイギリス人です。(クリスマス用の貯蓄口座がスタンダードとして存在するくらい)とてもきらびやかに映るクリスマスライトの下では、家庭や友人を想う人々の絶え間ない努力があるのです。

 

矢部