ラグビーワールドカップ2015

ラグビーワールドカップ2015

先日ラグビーのワールドカップで、日本代表が優勝候補の南アフリカ代表を34対32で破り、世界中を沸かせました。スポーツ史上最大の番狂わせであると、現地のイギリスでも大きく報道されていました。

ラグビーのワールドカップはサッカーのワールドカップ、オリンピックに次ぐ3番目の規模のスポーツイベントとなっており、南アフリカはワールドカップでは2度の優勝経験がある強豪チームです。スポーツに対して賭け事が当たり前のように行われるイギリスでは、当然日本の勝利に賭ける人はたったの0.2%だったそうです!0.2%に賭けた人はたいそう喜んだことでしょう(羨ましい…)。

日本ではあるテレビ局がこの試合の放送権を持っていたにもかかわらず、生放送されませんでした。インターネット上では歴史的失態とまで言われています。それだけ日本ではラグビーに関心を持っている人が少なかったということでしょうね。かく言う私も今回の試合の報道を見て、初めてラグビーというスポーツに興味を持ち始めました。

ジョーンズ監督曰く、今回の試合の勝因は何といっても「世界一厳しい」練習の成果だそうです。日本人の体の小ささを言い訳にはせず、その分どの国よりもハードなトレーニングを積んできた自信があるとのこと。誰よりも頑張ったんだ!と自信を持って言えるまで努力し続けることが、今回の歴史的大金星の結果を導きました。これはスポーツだけでなく、勉強や仕事など、何事にも言えることです。日頃から努力を惜しまず、コツコツと頑張り続ける大切さを再認識させられました。また今日も一日頑張ろうと、ラグビー日本代表から勇気を貰いました。スコットランド戦は残念ながら負けてしまいましたが、このワールドカップをきっかけにラグビー人気が続くことを期待します。

 

片岸