小中高生のためのイギリス留学セミナー2016開催!

東京飯田橋にて 10/23(日) 13:00~17:00

詳しくはこちら

小学生・中高生からのイギリス留学

いま「グローバル教育」という言葉が氾濫していますが、それは英語が出来ればいいのではなく、「みんなと同じだから安心」という日本のメンタリティーから脱し、多民族の中で協調性を持ちながら、人と違っても自分の意見を持つことの大切さを学ぶものです。700年の伝統を持ち、今尚世界中から高い評価を受けている英国のボーディングスクールにはこの「グローバル教育」「見守る教育」の土台が根付いています。

top-img-3

イギリスの教育制度・ 試験制度

イギリスの教育は日本のような卒業制度ではなく、全国統一試験(科目ごとに行われる検定試験)を受け、資格を取得することで学歴を証明します。

詳細はこちら

top-img-1

ボーディングスクールとは

学ぶ、遊ぶ、生活する、のすべてが営まれる学校をボーディングスクール(寮制学校)と呼び、イギリスでは14世紀頃に初めて誕生した学校でした。

詳細はこちら

top-img-2

留学のタイミング

イギリスには、8才から始まる小学校、13才で進学する中高一貫校のどちらにもボーディングスクールがたくさん存在します。小学生からの留学も増えてきています。

詳細はこちら

WATANABE OFFICE

“Made To Order”

渡邊オフィスがお手伝いするイギリス留学

カウンセリング

まずはそれぞれのご家族のステージに合わせ、イギリス留学の専門家である経験豊かなコンサルタントがご相談をお受けいたします。小学生からの留学はもちろん、お子さんが0才でも留学準備のご相談を承ります。

渡航準備

無事に合格し入学校が決まると、まず長期学生用のビザを申請、取得します。複雑で頻繁にルールが変わるビザの申請を、渡邊オフィスが最新の情報と実績を基に全面的にお手伝いしています。

留学の費用

イギリスのボーディングスクールへの留学には実際どのくらいかかるのか、金額はお子さんや学校によって異なります。

プレースメント

これからイギリス留学をする方、またはイギリス留学中に転校、進学を予定している方へ、渡邊オフィス独自に培った経験とノウハウに基づいた学校選びと受験支援をしています。

 語学研修・準備研修

ボーディングスクール入学前にまずイギリスで語学研修をします。単に英語力をつけるためだけでなく、寮生活を体験、イギリスの授業のスタイルなど、ボーディングスクールの生活様式と学習の習慣にできるだ慣れます。

お休みのフォロー・家庭教師・ 講習

イギリスのボーディングスクールの休暇は年間で合計3か月程度もあります。長期休暇は年に3回、留学生はその都度帰国をして家族と過ごします。

受験・学校登録

イギリスの学校を受験するためには、まず自分の名前を受験希望者として学校に「登録」をしなければなりません。特にシニアスクール(中高一貫校)の中には入学年度の何年も前に登録を締め切る学校もありますから、早めに登録が必要です。

 ガーディアン

イギリスのボーディングスクールは、親がイギリス国内に居住しない場合、国内在住のガーディアン(後見人)を立てることを入学の条件としていま す。学校が決まっていても、ガーディアンがいなければ留学ができません。知り合いがいなくても安心してイギリス留学を遂行していただけるようにガーディアンを手配いたします。

 現地での進学サポート

プレップスクールからシニアスクールの受験や、シニアスクールからイギリスの大学受験を支援します。渡邊オフィスの豊富な経験と、現地専門コンサルタントの情報力、分析力、指導力をもって力強くサポートします。

WATANABE OFFICE

event
experience
support
early-school-2